詫間宝石彫刻とは

 

数億年の年月を経た自然美を、山梨の伝統工芸の技術を駆使し、オーセンティックで普遍なデザインの製品を提供する事で、300年続く貴石彫刻を現在に甦らせる

 

甲州水晶貴石細工について

自然が生んだ天然貴石の透明感あふれる色合いと輝き。甲州水晶貴石細工は精を極めた彫刻と入念な研磨技術によって、 この天然貴石の秀れた味わいに人生の感性を経た「美」を加えているのが特徴です。

我が国唯一の特殊工芸品甲州水晶細工の歴史とは、今から約千年前景勝地「御岳昇仙峡」の奥地金峰山周辺からの水晶原石 の発見に始まります。水晶発見当時は原石のまま置物などに珍重されていました。今からおよそ200年前、天保年間 (1930〜1944) 京都の「玉造」より職人を迎え、鉄板の上に金剛砂をまいて、玉の手磨き方法を習得したのが水晶加工の始まりです。 明治後期には手摺加工から足踏み回転式に改良され、更に大正初期の電力加工により飛躍的に進歩し現在に至りました。
昭和52年には通商産業大臣指定 ( 伝統的工芸品 ) 産業と認定されています。

 

 

 

 

詫間宝石彫刻の歴史

1955年に先代、詫間悦二が叔父で現代の名工、故詫間正一氏に弟子入り。

15歳で単身甲府に呼ばれ丁稚奉公として働き始めました。

正一氏は当時の甲府で盛んだった仏像などの宗教的な製品より美術工芸品に力を入れ、今でも続く水晶工芸の流れを作り、その影響力は大きなものでした。

 

その後、原石の販売会社に努めていた母 いし子との結婚を期に27歳で独立、1967年に「詫間宝石彫刻製作所」を立ち上げました

父悦二も正一氏の流れをくみ工芸品の制作を得意としていました。特に翡翠の制作では新しい加工技術を考案し「科学技術庁長官賞」を受賞するなどしたことで評価され、翡翠加工の第一人者として上野の国立科学博物館の「翡翠展」に展示されました

この頃、受注依頼されたものを制作するのが主でしたが、空いた時間に自分の作品を制作していたようです。

1995年に次男 康二が入社。それを期に「詫間宝石彫刻」に社名を変更

この当時の主な生産は貴石彫刻の置物などの生産依頼でしたが、金属加工の経験を活かし徐々に今のようなジュエリーの生産も取り入れていくようになっていきました。

 

2003年現在地に工場を移転。それと同時に三男 亘が入社しました。

2000年初め置物などの制作と共に比較的高額なジュエリーの制作も依頼されることが多くなり始めました。石象嵌や石と金属の同摺は詫間宝石彫刻独自の作品で発表していました。

2000年終盤から立ち上げたばかりのブランドへの技術提供を始めました。

 

2020年に旧工場跡にshowroomをオープン

2021年 法人化

現在9人で

2022年 先代詫間悦二永眠

 

STAFF

Etsuji Takuma

 

1941年 函館市に生まれる

15歳で叔父の故宅間正一氏に師事

1967年に詫間宝石彫刻製作所を創業

2019年 瑞宝単光章w受賞

2022年に永眠

伝統工芸士、1級宝石研磨士
社団法人 日本工芸会正会員

やまなし現代の名工、山梨県美術協会会員、山梨県水晶美術彫刻組合理事、貴石名匠工芸士会副会長、東京支部日本伝統工芸武蔵野展審査委員

 

Koji Takuma

代表取締役社長

1973年生まれ
伝統工芸士,ジュエリーマスター
幼少期から父の仕事を継ぎたいと考えていたが、高校卒業時に「この仕事は儲からないからやめろ」と反対され当時バブル期で繁盛していた金属加工職人を勧められ経歴をスタート。

25歳で父 悦二に師事。

2010年にkoji takumaとしてパリの合同展に出展

2018年LEXUS new takumi project 山梨代表

 

石の買い付けからデザイン、加工まで一貫して行う。

 

Wataru Takuma

取締専務

1974年生まれ
伝統工芸士、ジュエリーマスター
貴石彫刻の技術に加え、カッティングもこなす

Mikio oka

地金加工のスペシャリスト

父親が貴石彫刻家のため石加工にも精通している。

Yuta Takuma

2015年に入社

プレジュエリーマスターを取得

Atsushi Nishimoto

奈良県出身

2018年に入社

貴石加工を主に行なっている

Yurika Magaribuchi

2019年入社 ジュエリーマスター、

貴金属加工1級技能士を取得している

Rie  Yamashita

2021年入社

主に生産管理を行なっている

 

Yurika Hara

2018年山梨県宝石専門学校を卒業後、大手宝飾会社へ就職

2021年7月入社