富士山、八ヶ岳、南アルプス、日本を代表する美しい山々に囲まれた山梨では良質な水晶が産出された事から唯一の水晶加工の生産地として発展しました。

私ども「詫間宝石彫刻」は甲府の地で受け継がれてきたものづくりの姿勢や意識で作品作りを行なっていき、日本はもとより世界に向けて発信していきたいと考えています。

 

1967年に詫間宝石彫刻製作所として創業

2000年に詫間宝石彫刻に社名変更

2003年現在地に工場を移転

2020年に旧工場跡にshowroomをオープン

2021年 法人化

STAFF

Etsuji Takuma

 

1941年 函館市に生まれる

15歳で叔父の故宅間正一氏に師事

1967年に詫間宝石彫刻製作所を創業

伝統工芸士、1級宝石研磨士
社団法人 日本工芸会正会員

やまなし現代の名工、山梨県美術協会会員、山梨県水晶美術彫刻組合理事、貴石名匠工芸士会副会長、東京支部日本伝統工芸武蔵野展審査委員

 

Koji Takuma

1973年生まれ
伝統工芸士,ジュエリーマスター
高校卒業後、貴金属メーカーに就職。その後実家を継ぐ。

Wataru Takuma

1974年生まれ
伝統工芸士、ジュエリーマスター
貴石彫刻の技術に加え、カッティングもこなす

Mikio oka

地金加工のスペシャリスト

父親が貴石彫刻家のため石加工にも精通している。

Yuta Takuma

2015年に入社

プレジュエリーマスターを取得

Atsushi Nishimoto

奈良県出身

2018年に入社

貴石加工を主に行なっている

Yurika Magaribuchi

2019年入社

貴金属加工1級技能士を取得している

Rie  Yamashita

2021年入社

主に生産管理を行なっている

 

Yurika Hara

2018年山梨県宝石専門学校を卒業後、大手宝飾会社へ就職

2021年7月入社